『テレッサmobile』は、報告を行う用のアカウントですので、報告を行う際のみご利用いただくものとなります。そのため、サービスを行う時以外は通知をオフにして頂くと、プライベートと分けることが可能です。

『テレッサモバイル公式LINEアカウント』に関しても、お困りの際にご質問頂ければテレッサmobileのスタッフが対応させていただくという形になっておりますので、通知をオフにしていただいて構いません。

記録はPDFデータで出力できますので下記の方法で共有することができます。

①管理画面から記録のPDFデータを印刷しお渡しする。

②管理画面から記録のPDFデータをダウンロードし、メール等でお渡しする。

③管理画面から記録のCSVデータを印刷し、メール等でお渡しする。

④管理画面から記録のCSVデータをダウンロードし、メール等でお渡しする。

⑤スマートフォンから記録のPDFデータをダウンロードしメール等でお渡しする。

⑥スマートフォンから記録のURLをメール等でお渡しする。

記録はPDFデータで出力できますので下記の方法で共有することができます。

①管理画面から記録のPDFデータを印刷しお渡しする。

②管理画面から記録のPDFデータをダウンロードし、メール等でお渡しする。

③管理画面から記録のCSVデータを印刷し、メール等でお渡しする。

④管理画面から記録のCSVデータをダウンロードし、メール等でお渡しする。

⑤スマートフォンから記録のPDFデータをダウンロードしメール等でお渡しする。

⑥スマートフォンから記録のURLをメール等でお渡しする。

記録はPDFデータで出力できますので下記の方法で共有することができます。

①管理画面から記録のPDFデータを印刷しお渡しする。

②管理画面から記録のPDFデータをダウンロードし、メール等でお渡しする。

③管理画面から記録のCSVデータを印刷し、メール等でお渡しする。

④管理画面から記録のCSVデータをダウンロードし、メール等でお渡しする。

⑤スマートフォンから記録のPDFデータをダウンロードしメール等でお渡しする。

⑥スマートフォンから記録のURLをメール等でお渡しする。

記録はすべて、PDFやCSVデータで保存されますので、LINEやメールなどでご家族やケアマネージャーさんに情報共有していただくことができます。必要に応じて紙出力しお渡しすることも可能です。PDFデータは普段見慣れている紙の記録用紙と同じ形式で保存され、スマートフォンからも12時間以内であれば閲覧可能です。(報告を上げた本人のみ)

ベーシック版はシフト機能がありますので1日毎のスケジュール確認が可能です。LINE画面の「シフト確認」より1日毎のスケジュールを確認することができます。パソコンの管理画面で確認する場合は、「報告・承認」の画面より予定日時を絞っていただくか、シフトの画面から確認することができます。

ベーシック版が22,000円と、ヘルパーIDとしてスタッフ1名につきプラス330円となります。

ストレージ版は、ひと月のサービス件数によって異なり、300件まで2,178円、1年分を一括でお支払いいただくと10%の割引となり、ひと月あたり1,960円でご利用いただけます。
ひと月あたりのサービス件数が300件~500件、500件~1000件といった形で価格設定をさせていただいておりますが、普段使用されている記録用紙の購入費とほぼ同じ、もしくは紙の購入費よりもお安くなるかと思います。

(価格はすべて税込です)

ベーシック版の機能として、予定と実績のチェック機能があります。予定と異なるサービス内容で報告が上がった場合、管理画面上で異なる部分が赤字で表示されますので、ひと目で確認することができます。これまで1枚1枚チェック項目を確認していた作業は、赤字の部分のみを確認すればいいので時短になります。また、ヘルパーさんのチェックミスだった場合、管理画面からその部分だけ修正することもできますので、再提出の手間も削減できます。

ベーシック版には介護タクシー対応版もございますので、ご希望の際はご相談くださいませ。

【ベーシック版】急なシフトの変更があった場合は、「臨時報告」から報告することが可能です。パソコンやタブレットからの管理画面の操作であれば、シフトの変更が可能です。スマートフォンやタブレットのLINE画面からはシフトの変更はできません。

【ストレージ版】シフト機能がありませんので、変更後の担当者が直接作業報告を行っていただくことができます。

基本的に記録の内容は、キャプスの「テレッサ万能型」と同じ内容になっており、介護保険・障害者総合支援のサービスでご利用いただけます。紙の場合、記入する方の文字の癖などで見にくかったりチェックミスが起こったりすることがありますが、テレッサモバイルでは文字のバラつきがなく、チェックミスも起こりにくいとの評価をいただいています。また、紙の場合は、記入後、提出のために事業所へ立ち寄る必要があり、サ責さんの手元に届くまでにタイムラグも発生します。テレッサモバイルであれば、報告ボタンが押されるとリアルタイムで報告があがってきますので、報告内容のチェックも都度行うことができ、事務処理の時間や手間を削減することができます。

出力形式はPDFとcsvのふたつとなっています。csvデータは互換性が高く、エクセルへの取り込みはもちろん、エクセルデータと同様の操作が可能なデータ形式です。

複数の職員に対して一斉にメッセージを送るような機能はありませんが、ベーシック版には「事前指示」として、ご利用者やサービス内容に対しての注意事項などを入力する機能があります。サービスの担当スタッフは、サービスを行う前に「事前指示」を確認することができます。

記録はPDFファイルで出力できますので、印刷したり、LINEやメールで送っていただくことで共有が可能です。

報告後、12時間以内の記録はスマホ画面の「テレッサ記録」より、確認することができます。12時間を過ぎた記録に関しては、管理画面でのみ確認が可能です。

12時間以内であれば、ケアの時間外でも報告が可能です。